ニュース

新型コロナウイルス等に関する要望事項(5月22日・会派案)

カテゴリー:社会保障・税 投稿日:2020-05-22

5月22日、「新型コロナウイルス対策 政府・与野党連絡協議会」が開催され、社民党から吉川はじめ政審会長が出席しました。

今後編成される第2次補正予算に向け、この間、会派が提案してきた項目に加え、活動の縮小や停止を余儀なくされている文化芸術関係者を支援するために基金を創設することや、フリーランス等にも国民健康保険加入者にコロナ特例で適用された傷病手当金の支払いを適用拡大するとともに、雇用調整助成金制度や「賃金の支払確保等に関する法律」の対象とすることなども求めました。

第九回 新型コロナウイルス対策政府・与野党連絡協議会 提出(2020年5月22日)