ニュース

参院選候補者を公認決定

カテゴリー:倫理選挙 投稿日:2019-06-16

神奈川選挙区で相原倫子さん
愛知選挙区では平山良平さん

社民党全国連合常任幹事会は7日の持ち回り常幹で、参院選神奈川選挙区(定数4)の候補者として党神奈川県連合女性政策推進委員長で新人の相原倫子(あいはら・りんこ)さん(58)の公認を決定した。

また13日の持ち回り常幹で、愛知選挙区(定数4)の公認候補者として党愛知県連副代表で新人の平山良平(ひらやま・りょうへい)さん(71)を擁立することを決定した。

相原さんは1960年生まれ。国士舘大中退。太陽光発電関連会社に勤務後、ジャーナリストとしてさまざまな分野に取り組み、女性のためのカウンセリングルーム・シェルターを主宰。今年4月の藤沢市議選に党公認で立候補し惜敗。

7日に県庁内で記者会見を開き出馬表明した相原さんは「普通の暮らしをしたことのない人たちが政治をしている以上、市民生活は混乱するしかない」と述べ、10月予定の消費税率引き上げ反対などを訴えた。

平山さんは48年生まれ。愛知教育大卒。2007年まで名古屋市立中学校の教員として働く。現在、〈ノーモア南京〉名古屋の会や河村市長「南京虐殺否定」発言を撤回させる会などで活動する。

(社会新報2019年6月19日号より)