ニュース

改憲案提示 あらためて自民改憲案批判強化を

カテゴリー:社会新報 投稿日:2019-05-29

社会新報 主張
 衆院憲法審査会を動かそうとする自民党の狙いは何か。本質的なものとは言えない国民投票法の小幅改良を呼び水に、審査会の運営を軌道に乗せ、国民投票に際してのCMの総量規制を含む「自由な討議」に野党側を誘い、その中で同党の「改憲4項目」を提示し、改憲発議に向けた歩みを一歩前に進めることだ。

[つづき→改憲案提示 あらためて自民改憲案批判強化を]

(社会新報2019年5月29日号・主張より)