ニュース

参院選一人区 候補者を推薦

カテゴリー:倫理選挙 投稿日:2019-05-28

社民党全国連合常任幹事会は23日、参院選1人区候補者として、山形選挙区でフリーアナウンサーの芳賀道也(はが・みちや)さん(61)、福島選挙区で福島県議の水野(みずの)さちこさん(57)、新潟選挙区で弁護士の打越さく良(うちこし・さくら)さん(51)、熊本選挙区で弁護士の阿部広美(あべ・ひろみ)さん(52)の4人の無所属新人の推薦を決定した。

芳賀さんは1958年生まれ。日大卒。YBC山形放送でアナウンサーとして働く。報道制作局アナウンス部長などを歴任。

水野さんは62年生まれ。郡山女子大短期大学部卒。エフエム会津パーソナリティーなどを経て県議(会津若松市選挙区)2期目。

打越さんは68年生まれ。東大大学院博士課程中退。2000年弁護士登録。現在、日弁連両性の平等委員会委員などを務める。

阿部さんは1966年生まれ。九大卒。2005年弁護士登録。16年参院選に熊本選挙区で出馬し惜敗。

(社会新報2019年5月29日号より)