ニュース

「平成」から「令和」へ 「新時代」というなら安倍政権を終わりに

カテゴリー:社会新報 投稿日:2019-05-08

社会新報 主張
 5月1日、新天皇が即位し、元号が「令和」となる。30年前は「昭和最後の〇〇」などと公言することがはばかられ、「自粛」ムードの中での改元だったが、安倍政権は「新時代」をアピールするとともに、お祭り気分をあおることで、今、日本が直面している政治的な難問や経済的な難問を棚上げし、天皇代替わりを政権浮揚に結びつけようとしている。しかし、元号が変わったからといって、何かがただちに変わるわけでもない。

[つづき→「平成」から「令和」へ 「新時代」というなら安倍政権を終わりに]

(社会新報2019年4月17日号・主張より)