ニュース

自治の中身をつくる統一選

カテゴリー:倫理選挙 党務 投稿日:2019-04-17

又市党首が自治体選後半戦へ決起訴え又市党首が自治体選後半戦へ決起訴え 社民党の又市征治党首は9日の記者会見で、統一自治体選前半の戦いを振り返って、候補者擁立の段階から、後継候補を立て切れなかったことなどを背景として公認および党籍を有する推薦候補の数が前回よりも減ったと指摘し、「そうしたことを踏まえて参院選に向けて全党が態勢を立て直して臨むということをしっかり指示していきたい」と党の組織的課題を提起。

また21日投開票の後半戦に向けて「住民福祉の増進を図るという地方自治の根本のところを踏まえ、具体的な中身を訴えて善戦する努力をしていく」と述べ、基礎自治体の役割の基本となる部分の担い手をつくるという自治体選の意義をあらためて強調するとした。