ニュース

社民党第10回全国代表者会議

カテゴリー:党務 投稿日:2019-03-08

悔い残さぬ戦いへ

社民党第10回全国代表者会議

社民党第10回全国代表者会議

社民党は17日、都内で第10回全国代表者会議を開き、統一自治体選、参院選が行なわれる2019年政治決戦を戦う態勢づくりの加速について意思統一するとともに、これに勝ち抜く決意を固め合った。

「政党要件の徳俵に足がかかり、国政政党として存続できるかの瀬戸際にある」(2019年度活動方針)との厳しい現状認識の下、「党としての得票率2%以上獲得を至上命題とし、『選挙区・比例区合わせて3議席以上の獲得』を目指す」(参議院選挙闘争の取り組み強化について)とするもの。また会議閉幕にあたり、「平和憲法が戦後最大の危機を迎え、国民生活が徹底的に破壊されようとしている中で、憲法を活(い)かす政治を訴える社民党がその役割を終えることは許されない」とする「『2019政治決戦』の必勝をめざす特別決議」を採択した。

会議は、幹事長報告、参院選闘争取り組み強化方針案、19年度活動方針案などの全国連合提出の議題・議案について、それぞれ質疑・答弁の上、満場一致で承認、決定した。

(社会新報2019年2月27日号より)