野党の共通政策を軸に共闘へ

TOPICS

野党の共通政策を軸に共闘へ

カテゴリー:倫理選挙 投稿日:2018-11-30

■市民連合シンポジウムで吉川幹事長

市民連合シンポジウムで吉川幹事長

市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)は11月28日、都内で約800人を集めてシンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」を開き、野党5党1会派の幹事長・書記局長が参院選の戦い方を中心に議論した。司会の山口二郎さん(法政大教授)は「最低限32の1人区については候補者一本化に向けて野党が努力していくことを共通了解として確認できた」とまとめた。

社民党の吉川元・幹事長は参院選の戦い方について、沖縄県知事選の勝利に学んで「市民と暴走を続ける安倍政権との戦い」という構図をつくる中で、野党が「小異を残して大同に就(つ)く」との構えで共闘することが求められると指摘。その上で「一本化しただけでは勝つことはできない。しっかり共通政策を作りながら全体で戦っていく。その中で市民が力として加わる大きな戦いにしていくことが必要」と述べた。

(社会新報2018年12月5日号より)