首相発言は憲法擁護義務違反

TOPICS

首相発言は憲法擁護義務違反

カテゴリー:憲法 投稿日:2018-09-28

■吉川幹事長が抗議 安倍首相が3日に行なわれた自衛隊高級幹部会合で「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは今を生きる政治家の責任。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法9条に自衛隊を明記する改憲の実現に意欲を示したことについて、社民党の吉川元・幹事長は4日、「憲法99条に何重にも違反する妄言として、断じて容認できない」と抗議する談話を発表した。

首相発言について吉川幹事長は、99条の憲法尊重擁護義務を課せられている内閣総理大臣(自衛隊最高指揮官)としての「訓示」であると同時に、入隊宣誓で「憲法および法令を遵守(じゅんしゅ)」すると誓った自衛隊員に対して改憲への意欲を示したものだとして、「『自民党総裁としての発言』などと言い逃れはできない」と断じた。

(社会新報2018年9月12日号より)