オスプレイ佐賀空港配備ストップ

TOPICS

オスプレイ佐賀空港配備ストップ

カテゴリー:外交安保 投稿日:2018-09-07

■吉川幹事長が談話 吉川幹事長は、吉田忠智前党首が16年3月の参院予算委員会で追及を行なったことに言及しつつ、県と地元漁協が交わした公害防止協定には「自衛隊と(空港を)共用する考えはない」と明記されていることを指摘し、「県は地元と約束したことについて守る責任がある」と強調。また、佐賀空港が国内最大級の軍事拠点化することやオスプレイ訓練の全国展開のおそれ、米軍オスプレイの空港使用の可能性などにも触れ、米海兵隊オスプレイの普天間基地からの撤去、米空軍オスプレイの横田基地配備(政府が8月22日に発表)や陸自オスプレイの木更津暫定配備撤回を求める運動と連帯し、佐賀配備反対の闘いを推し進めるとした。

佐賀県知事のオスプレイの佐賀空港配備受け入れ表明に強く抗議する(談話)

(社会新報2018年9月5日号より)