深まる加計疑惑 面会否定するだけでは説得力なし

TOPICS

深まる加計疑惑 面会否定するだけでは説得力なし

カテゴリー:社会新報 投稿日:2018-06-29

社会新報 主張

 愛媛県が5月21日に参院予算委に提出した文書の中に、15年2月25日に加計学園の加計孝太郎理事長と安倍首相が面会したとの記述があったという問題は、依然として真相が闇の中だ。

 加計理事長は6月19日、「記憶にも記録にもなかった」と面会をあらためて否定。だが、その根拠を具体的に示すことはなかった。

[つづき→深まる加計疑惑 面会否定するだけでは説得力なし]

(社会新報2018年6月27日号・主張より)