新潟県知事選で健闘の池田ちかこさん党首表敬

TOPICS

新潟県知事選で健闘の池田ちかこさん党首表敬

カテゴリー:倫理選挙 地方自治 投稿日:2018-06-29

新潟県知事選で健闘の池田ちかこさん党首表敬

10日の新潟県知事選で健闘した前県議の池田ちかこさんが15日、参院議員会館に社民党の又市征治党首、福島みずほ副党首、吉川元・幹事長を訪ね、選挙戦の報告と支援のお礼を行なった。

池田さんは、当選した花角英世新知事も東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に慎重姿勢を見せ、最大の争点が曖昧になったことについて「(相手候補の脱原発の主張は)あり得ないということが伝わり切らなかった」と振り返った上で、「(野党統一の)大きな枠組みの中で戦うことができた。必ず後につながる戦いになった」と、今後の戦いの展望を示した。

又市党首は、福島第2原発全基廃炉の方向性となったこととの絡みで柏崎原発再稼働の動きが強まることへの警戒感を示し、反対の取り組みを強めるとした。

社民、立憲、国民、共産、自由の各党が推薦した池田候補は、自民、公明の与党が支持する花角候補に約3万7000票余の差で惜敗した。投票率は58・25%。

(社会新報2018年6月27日号より)