自民改憲案 まともな検討がなされた形跡なし

TOPICS

自民改憲案 まともな検討がなされた形跡なし

カテゴリー:社会新報 投稿日:2018-04-13

社会新報 主張

前回本欄に続き、9条を除く自民党改憲案について検討する。

まず、緊急事態条項。当初は国会議員の任期延長特例にとどまるとされていたが、結局、12年改憲案と同様の緊急事態下の内閣による政令制定権が盛り込まれた。

[つづき→自民改憲案 まともな検討がなされた形跡なし]

(社会新報2018年4月11日号・主張より)