「佐川長官が出てこい」森友“納税者一揆”高揚

TOPICS

「佐川長官が出てこい」森友“納税者一揆”高揚

カテゴリー:財政金融 投稿日:2018-03-02

森友学園への国有地不当廉売問題で「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は16日、財務省前集会と銀座デモを行ない、「佐川(宣寿国税庁長官)を喚問せよ!」「音声録音うそはない!」「検察は財務省を捜査せよ!」「昭恵(安倍首相)夫人は喚問だ!」などの声を上げた。参加者数は日比谷公園からデモが出発するころには約1100人にふくれ上がった。

集会冒頭、市民の会の醍醐聰共同代表(東大名誉教授)は「確定申告初日に納税者一揆と銘打って行動をぶつけた。税に対する憤りが私たちの背中を押して今日の行動につながった」と切り出し、財務省に向かって「佐川さん、この建物の中にいるんですか? こそこそ逃げ回り納税者になぜあいさつできないのか。あなたのウソの答弁は出尽くすだけ出尽くしている。これ以上あなたが国税庁長官にとどまっていることは納税者の信頼を裏切るだけでなく、税務署員にとってもあなたは迷惑な存在になっている。1日、1時間も早く長官を辞めるべき」と声を張り上げた。

立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民(発言順)の野党6党国会議員も次々と宣伝カーの上からアピール。社民党からは福島みずほ副党首が「逃げ回っていては税に対する信頼は回復できない」と訴えた。

(社会新報2018年2月28日号より)