「アベ政治」の行き詰まり明らか

TOPICS

「アベ政治」の行き詰まり明らか

カテゴリー:憲法 投稿日:2018-03-02

「19日行動」各界から訴え

■2月の「19日行動」各界から訴え 安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会と戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は19日、議員会館前で2月の19日行動に取り組み、約1800人が参加した。9条改憲反対に加え、「働き方改革」関連法案提出反対や「森友疑惑」徹底究明などの声が上がった。

政党からは立憲民主、社民、共産(発言順)の野党各党国会議員があいさつ。社民党からは福島みずほ副党首が登壇し、安倍首相が9条に自衛隊を明記しても「何も変わらない」としていることについて、「集団的自衛権を行使する自衛隊で変わらないというのが総理の頭の中。これはまさに9条1項、2項の完璧な破壊だ」と訴えた。また、厚生労働省の労働時間データ問題について「労働者の命を考えずにデータをねつ造する厚労省に働き方改悪一括法案を出す資格はない」と断じた。

東大教授の本田由紀さんも、エンゲル係数の上昇について「物価変動、食生活や生活スタイルの変化が含まれている」と述べた1月31日の首相答弁を批判。「実質賃金は上がっていない。生活は苦しくなる一方。エンゲル係数は高くなっている。それは美食のせいだと言う人が国のトップにいていいわけがない」と語気を強めた。

(社会新報2018年2月28日号より)