男女が助け合える「働き方改革」必要

TOPICS

男女が助け合える「働き方改革」必要

カテゴリー:労働 投稿日:2018-02-05

男女が助け合える「働き方改革」必要

■国会開会日「総がかり」行動で訴え 通常国会が開会した22日昼、全国市民アクション、総がかり行動実行委に「共謀罪NO!実行委員会」を加えた3団体は議員会館前行動を行ない、雪が降り始める中で600人以上が参加した。

政党・会派からは社民、共産、立憲(発言順)の各党代表があいさつ。社民党からは福島みずほ副党首がマイクを握り、「雪にも負けず雨にも負けずアベにも負けず、今国会を頑張っていこう」と参加者を励ました。

福島副党首は政府予算案を批判し、「防衛予算がふくれ上がり、国民のための社会保障を生活保護の母子加算を含めカットしていく政治にさよならを言おう」とアピールしたほか、「高度プロフェッショナル制度」(労働時間規制の適用除外)導入を含む「働き方改革」関連法案について「これ以上どうして雇用を壊すのか」と弾劾した。

(社会新報2018年1月31日号より)