陸上型イージス導入許さない

TOPICS

陸上型イージス導入許さない

カテゴリー:外交安保 投稿日:2017-12-25

■又市幹事長が談話 政府が19日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基導入方針を閣議決定したことについて、社民党の又市政治幹事長は同日、「国会での論議や十分な国民的議論のないまま、日米軍事一体化の強化を政権が強行することは断じて認められない」と反対する談話を発表した。

又市幹事長は、導入関連経費として17年度補正予算案に28億円、18年度予算案に7・3億円を計上する政府方針に加え、1基当たり取得費が800億円から1000億円へとふくらんだことに触れ「厳しい財政事情を理由に社会保障費を切り捨てる一方で、『イージス・アショア』を導入し、トランプ大統領の『米国製軍事装備の大量購入の圧力』に応え、米国の軍産複合体を喜ばせることは認められるものではない」とした。

(社会新報2017年12月27日号より)