米軍ヘリがまた事故 照屋議員現場に急行

TOPICS

米軍ヘリがまた事故 照屋議員現場に急行

カテゴリー:外交安保 投稿日:2017-12-15

照屋寛徳 またしても沖縄で米軍ヘリ事故。13日、米軍ヘリCH53の窓枠が普天間基地(沖縄県宜野湾市)に隣接する普天間第二小の校庭に落下し、児童1人がけがをした。地元の社民党の照屋寛徳衆院議員は直ちに現場に急行し、状況を視察。沖縄防衛局長はすぐ現地に来て状況を確認すべきだとするとともに、県が要求する県内全米軍機の飛行停止および同基地の即時運用停止と返還・撤去をあらためて訴えた。

写真は同日17時過ぎ、小学校校長から説明を聞く照屋議員。赤いコーンの周りに落ちた窓枠の輪郭がうっすらと写っている。

同基地近くの保育園の屋根でCH53から落下したと見られる部品が発見されたのは、わずか1週間前の7日のこと。10月11日には同型機が東村高江の民間地で炎上事故を起こしたのは記憶に新しい。2004年に同市の沖縄国際大に墜落したのも同型機だ。

(社会新報2017年12月20日号より)

米軍大型輸送ヘリの部品落下事故について(談話)