安倍9条改憲に反対する「3000万署名」に弾み

TOPICS

安倍9条改憲に反対する「3000万署名」に弾み

カテゴリー:憲法 投稿日:2017-11-30

市民アクションなどが11・19議員会館前行動

3000万署名

「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は19日、議員会館前行動を行ない、約2300人が国会周辺に集まった。「野党の質問時間制限するな!」「改憲発議を絶対止めよう!」「朝鮮半島戦争するな!」「トランプから武器買うな!」などの声を上げ、3000万署名(安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名)の取り組みに弾みをつけた。

政党からは社民、自由、民進、立憲民主、共産(発言順)の各党代表があいさつ。社民党からは福島みずほ副党首が登壇し、「憲法改悪の発議を何としても止めよう」と訴えた。

福島副党首は、「憲法に自衛隊を明記する」との自民党公約について「戦争のできる国への総仕上げとして、安保関連法、戦争法を合憲化し、集団的自衛権を行使する自衛隊の明記でしかない」と強調。「憲法を守らない、憲法を理解しない、憲法を踏みにじる総理にどんなことがあっても憲法9条を変えさせてはならない」と語気を強めた。

(社会新報2017年11月29日号より)