3000万人署名達成へまい進

TOPICS

3000万人署名達成へまい進

カテゴリー:憲法 投稿日:2017-11-16

■「総がかり」実行委が国会開会日行動

「総がかり」実行委が国会開会日行動

安倍9条改憲NO!全国市民アクション、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、共謀罪NO!実行委員会は1日、議員会館前で国会開会日行動を行ない、約1000人が参加した。3000万人を目標とする「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の成功などに全力を挙げることなどを誓い合った。

政党からは社民・吉田忠智党首、立憲民主・近藤昭一副代表、(参院)民進・相原久美子参院議員、共産・志位和夫委員長、参院会派「沖縄の風」・糸数慶子代表があいさつ。吉田党首は、与野党が同日、自民党が当初8日までとしていた特別国会会期を12月9日までとすることで合意したことを念頭に、安倍昭恵、加計孝太郎両氏の名前を挙げて「(森友・加計疑惑の)キーパーソンに(国会に)来ていただいて追及しなければならない。南スーダンPKO日報(隠ぺい)問題もうやむやになったままだ」と述べ、国会で真相を究明する必要性を訴えた。

主催者あいさつで総がかり実行委の福山真劫さんは、総選挙後の世論調査結果に触れて「世論は安倍の続投も憲法改正も支持していない」と強調。

(社会新報2017年11月8日号より)