野党共闘の立て直しへ向けて協力を

TOPICS

野党共闘の立て直しへ向けて協力を

カテゴリー:倫理選挙 労働 投稿日:2017-11-16

■吉田党首が連合訪問

吉田党首が連合訪問

社民党の吉田忠智党首は10月27日、都内の連合本部に神津里季生会長を訪ね、衆院総選挙および選挙後の政治情勢について意見交換を行なった。

神津会長は、民進党の希望の党への合流をめぐる混乱と野党の分裂が起こり、連合が特定の政党と政策協定を結ぶ状況ではなくなる中で、「結局与党に漁夫の利を与えた」と振り返った上で、「これをひっくり返すためにプラットフォームづくりをお手伝いしたい」と表明。そのイメージについて「幅はあるが、一つのゾーンの中で国民意識を受け止める」と説明した。

これに対し吉田党首は、野党の中での党の立ち位置を生かして「間に入って協力できるように」努力したいとこたえた。

(社会新報2017年11月8日号より)