野党の質問時間制限 首相の「おごり」批判

TOPICS

野党の質問時間制限 首相の「おごり」批判

カテゴリー:党務 投稿日:2017-11-16

■党両院議員総会

社民党両院議員総会

第195特別国会開会日の1日、社民党は国会内で両院議員総会を開いた。あいさつで吉田忠智党首は、選挙結果について「決して国民が(安倍政権に)全幅の信任を与えたものではない」とした上で、質問時間を議席数に応じた配分とし野党の時間を減らすとの自民党の方針に言及し、「謙虚とは程遠いおごりの姿勢が表れていると言わざるを得ない」と批判。「厳しい制約の下ではあるが社民党の存在感をしっかり発揮を」と述べ、国会議員団の奮起を促した。

(社会新報2017年11月8日号より)