トランプ来日 戦争回避こそ指導者の務めのはず

TOPICS

トランプ来日 戦争回避こそ指導者の務めのはず

カテゴリー:社会新報 投稿日:2017-11-16

社会新報 主張
 総選挙の「陰の争点」とも言われたトランプ米大統領の日韓歴訪は、米国製武器のトップセールスの様相を呈した。米国の迎撃ミサイルで北朝鮮のミサイルを撃ち落とせると言う大統領も大統領だが、見過ごせないのは安倍首相の反応だ。会見で「迎撃の必要があるものについては迎撃していく」と語ったが、どこを狙ったミサイルを迎撃するというのか、米国領向けというなら、それを撃ち落とすことが本当に可能なのか、全く明らかにしていない。

[つづき→トランプ来日 戦争回避こそ指導者の務めのはず]

(社会新報2017年11月15日号・主張より)