「安倍1強」との対決 しっかり一翼を担う

TOPICS

「安倍1強」との対決 しっかり一翼を担う

カテゴリー:倫理選挙 投稿日:2017-11-02

秋らしいすがすがしい天候となった第195特別国会開会日の1日朝、社民党の照屋寛徳(左)、吉川元の両衆院議員は、それぞれ6期目、3期目の初登院を行なった。党にとって厳しい状況が続く中にあって、「安倍一強」体制と対決する野党陣営の一翼をしっかり担いながら、党再建・再生の先頭に立つ決意を新たにしていた。

(社会新報2017年11月8日号より)