アベ政治ストップ 憲法変えさせない

TOPICS

アベ政治ストップ 憲法変えさせない

カテゴリー:倫理選挙 投稿日:2017-10-12

吉田党首が総選挙の公約を発表

社民党の吉田忠智党首は5日、都内で記者会見し、「衆議院総選挙公約2017」を発表した。今回の選挙の争点は第1に「安倍政治の是非」だと強調。その上で、①立憲主義、民主主義、平和主義を踏みにじる安倍政治の暴走を許すのか②1%の大企業・富裕層優遇の政治か、99%の庶民を大事にする政治か③憲法9条を変えて戦争をする国に変えるのか、憲法を暮らしと政治に活(い)かすのか――が問われているとし、「憲法を活かす政治こそ安倍政治への対案であるとあらためて訴える」と述べた。

希望の党への合流をめぐり民進党が分裂するという選挙戦の構図の変化について吉田党首は、改憲・戦争法賛成の希望とは「共闘することはできない」とした上で、「立憲民主党とはその(以前の野党4党協議の)延長線上で選挙区においてはしっかりすみ分け、できれば相互推薦、相互支援という形で積極的に選挙協力していきたい」と述べた。

(社会新報2017年10月11日号より)