4野党共闘 共闘の深化だけが負託に応える道

TOPICS

4野党共闘 共闘の深化だけが負託に応える道

カテゴリー:社会新報 投稿日:2017-09-09

社会新報 主張

1日の民進党代表選で前原誠司新代表が選出された。執行部人事のつまずきはあったが、前原代表が選挙戦の中で以前の主張を一定軌道修正し、安保法制(戦争法)は違憲、その下での安倍改憲反対と、従来の党の政策継承を示唆したこともあり、心配された路線対立激化は回避された格好だ。

[つづき→4野党共闘 共闘の深化だけが負託に応える道]

(社会新報2017年9月13日号・主張より)