加計学園問題 「個人フォルダなぜ調べない」

TOPICS

加計学園問題 「個人フォルダなぜ調べない」

カテゴリー:内閣法務 文部科学 投稿日:2017-06-02

文科省の「加計文書」やり取りで吉川元・政審会長が追及

吉川元学校法人「加計(かけ)学園」の国家戦略特区への獣医学部新設計画に安倍首相が介入して政策がねじ曲げられたという疑惑は、内閣府から文部科学省が「総理のご意向だと聞いている」「官邸の最高レベルが言っている」と言われたと記された文科省内で作成されたと思われる文書について、同省の前川喜平前事務次官がその存在を認めるという異例の展開となった。社民党の吉川元・衆院議員は5月26日の文科委員会で「(文書の)存在が確認できなかった。複数の手法により多面的に調査を行なった」とする松野博一文科相らに対し、「個人の(パソコンの)フォルダーを調べなければきちんと調査したことにはならない」と迫った。

天下り問題では調べた前例がある

吉川議員は「これをもって調査を尽くしたと言えるのか」と質問。これに対し同省の義本博司大臣官房審議官は、書類と共有フォルダーの調査を行なうとともに、組織として用いるものではないので本来は調査対象である行政文書ではない個人メモについてもヒアリングで確認したと答えた。

納得しない吉川議員は「メモはそもそも行政文書ではないという話だ。共有フォルダーにあるわけない。共有フォルダーにあったら行政文書だ。ないところを探している。なぜ個人のフォルダーを調べないのか」と追及。組織的天下りあっせん問題では個人のパソコンも調べたではないかとただした。松野文科相は、先の問題の調査は再就職等監視委員会の法定調査として行なわれたので、事情が異なるとごまかした。吉川議員は「何か隠しているのではないかとしか思えない」と不信感をぶつけた。

また、吉川議員が前川前事務次官の証言に対する認識をただすと、文科相は「1月に辞職された方だから文部科学省としてコメントする立場にはない」と平然と答弁。吉川議員は「だとしたら前事務次官に来ていただいて話をうかがうしかない」と指摘し、前川前次官の参考人招致を拒否する自民党の矛盾を突いた。

さらに吉川議員は、前次官が一連の文書は昨年9月28日と10月4日に部下から示されたものだと証言していることについて追及。同省の常磐豊高等教育局長は「そのテーマについても内部の打ち合わせがあったかもしれないが、詳細は承知していない」と答えた。吉川議員は、当事者の同局専門教育課長は国会に出せないが、局長がきちんと答弁するという話だったのではなかったかとして、「これでは質問できない」と憤慨。常磐局長は、多忙な時間との打ち合わせは「あらかじめ設定されているわけではないので記録も残っていない」と逃げの一手。吉川議員が「だから(課長に)答弁に来てくださいと言ったのだ」とたたみかけると、同局長は打ち合わせの日時と内容について「あくまでも行政の意思決定の中での話なので、基本的には答弁を差し控えさせていただきたい」と本音をさらした。

(社会新報2017年6月7日号より)