自衛隊参加求められるおそれ

TOPICS

自衛隊参加求められるおそれ

カテゴリー:外交安保 投稿日:2017-04-21

■米国のシリア攻撃で又市幹事長

米トランプ政権のシリア攻撃について、社民党の又市征治幹事長は11日の記者会見で「化学兵器が使われたことは許しがたい蛮行であるけれども、だからといって米国が勝手に何でもやっていいことにはならない」と批判。国際法違反の単独武力行使との認識を示して「このような行動をとることは蛮行に対してまた蛮行と言わざるを得ない」と述べた。

さらに又市幹事長は、安倍首相が「アメリカの決意を支持する」と表明したことについて、「あの戦争法によって、場合によると戦闘がさらに拡大し、アメリカから自衛隊も出兵させるべきだと求められたときにどうするのか。そうした危険性を伴ってくる」と強く懸念を示した。

(社会新報2017年4月19日号より)