シリア攻撃 米朝戦争へ自動参戦する危機切迫

TOPICS

シリア攻撃 米朝戦争へ自動参戦する危機切迫

カテゴリー:社会新報 投稿日:2017-04-21

社会新報 主張

米国が6日、シリアをミサイル攻撃して以降、朝鮮半島の軍事的緊張は「朝鮮戦争以来の危機」といわれる高まりを見せている。憂慮されるのは、安倍政権の前のめりの姿勢だ。半島近海に向かう米原子力空母と海上自衛隊との共同訓練実施も取り沙汰されている。

[つづき→シリア攻撃 米朝戦争へ自動参戦する危機切迫]

(社会新報2017年4月19日号・主張より)