「暴言」今村復興相 謝罪と罷免を求める

TOPICS

「暴言」今村復興相 謝罪と罷免を求める

カテゴリー:3.11・災害・復興 投稿日:2017-04-10

■又市幹事長 今村雅弘復興相が4日の記者会見で、年度末の原発事故の区域外(自主)避難者への支援打ち切りに関する質問に激昂(げきこう)して「裁判でも何でもやればいい」「もう二度と来ないで」などと声を荒げたことについて、社民党又市征治幹事長は5日、「(このような)暴言を吐くような大臣はそれだけでも罷免に値する」との談話を発表した。

又市幹事長は、今村復興相が区域外避難者の置かれた苦境について「本人の責任、本人の判断」などと述べたことについて「原発事故に対する東京電力や国の責任を棚に上げ、自主避難者の自己責任だという認識は誤っている」と断じた上で、記者への暴言は取り消し謝罪したが避難者への暴言はそのままだとして「暴言の撤回と自主避難者への謝罪を求める」とした。

(社会新報2017年4月12日号より)