川内原発の即時停止を求める

TOPICS

川内原発の即時停止を求める

カテゴリー:3.11・災害・復興 脱原発 投稿日:2016-04-26

■吉田党首が九電と規制庁に

吉田党首が九電と規制庁に

社民党の吉田忠智党首は4月26日、都内の九州電力東京支社に川畑健二副支社長を訪ね、稼働中の川内原発の即時停止を求める瓜生道明九電社長宛の要請書を手渡した。その後、参院議員会館で原子力規制庁の荻野徹次長と会い、同趣旨の申し入れを行なった

吉田党首は「断層のずれが想定外の地震を引き起こすことは今回の熊本・大分地震の教訓」であり「原発の稼働に支障を来す地震が発生する可能性が皆無であると断言することはできない」と指摘。交通網が寸断されるなどの現実が生まれた中では避難計画の実効性の検証が求められるとするとともに、未知の地震が起き影響が広範囲に及ぶおそれがある以上、原発は直ちに止めるべきだとした。

(社会新報2016年5月11日号)