ニュース

高浜原発再稼働 容認判断のどこに合理性あるのか

カテゴリー:社会新報 投稿日:2016-01-25

社会新報 主張

野瀬高浜町長が昨年12月3日、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働に同意したのに続き、西川福井県知事も同22日、再稼働に同意を表明した。すると福井地裁は同24日、高浜3、4号機運転を差し止める4月の仮処分決定を取り消した(仮処分申立人は直ちに抗告を申し立てた)。高浜原発をめぐる昨年末の慌ただしい動きは、原発再稼働を進める国家意思の強固さを見せつけているかに思える。

[つづき→高浜原発再稼働 容認判断のどこに合理性あるのか]

(社会新報2016年1月27日号・主張より)