「戦争をさせない1000人委員会」発足

TOPICS

「戦争をさせない1000人委員会」発足

カテゴリー:お知らせ プレスリリース 外交安保 憲法 投稿日:2014-03-07

戦争をさせない1000人委員会
(写真)呼びかけ人あいさつをする(左から)佐高、奥平、鎌田、高橋、雨宮の各氏。

■集団的自衛権の行使許すな  3.20日比谷野音集会へ

憲法解釈を変更し海外で武力行使する集団的自衛権の行使を容認しようとする安倍政権の企てを阻止しようと、「戦争をさせない1000人委員会」の発足集会が4日、参院議員会館で開かれた。

各界から約100人が参加する中、「憲法9条を空文化し、集団的自衛権の行使を認め、戦争準備を進める秘密国家をつくろうとする政府への批判活動と行動を強める」としたアピールを確認した。

同委員会は、各都道府県段階でも呼びかけ人アピールに賛同する人々でつくる「1000人委員会」(仮称)を発足させ、「戦争をさせない全国署名」(仮称)などの活動を展開する。

呼びかけ人は同日現在で87人(発起人16人含む)。集会にはこのうち奥平康弘、雨宮処凛、飯島滋明、落合恵子、鎌田慧、木村朗、組坂繁之、佐高信、高橋哲哉、高良鉄美、福山真劫、山崎朋子(発言順)の各氏が出席。社民党の吉田忠智党首、吉川元政審会長ら社民、民主両党の国会議員7人も参加した。

(社会新報3月12日号)