ニュース

山本庸幸最高裁判事の異例発言の波紋

カテゴリー:憲法 投稿日:2013-08-27

照屋寛徳コラム

憲法コラム第102号 2013年8月12日、安倍総理によて内閣法制局長官を退任させられた山本庸幸氏が、同年8月20日最高裁判所判事に任命され、就任した。

安倍総理が、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認に慎重で、かつ、懐疑的な山本氏を退任させ、後任に法制局勤務経験のない、外務省出身で前駐仏大使の小松一郎氏を法制局長官に任命したこと自体が極めて異例である。

(→つづき)