HOME広報>社会新報・福島みずほ新春対談

広報

社会新報
 2009年01月01日(木)
 福島みずほ新春対談

“新春対談”
人とのつながり大切に 母なる地球を壊すな

  LUNASEAギタリストSUGIZOさんと福島党首対談

社会新報SUGIZO世界的な金融危機に揺れた08年はまた、米大統領選でのオバマ候補の劇的な勝利など変革への胎動が見え始めた年でもあった。明けて09年、日本でも選択の瞬間が迫っている。総選挙で有権者は未来に何を託すのか。青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設に警鐘を鳴らすなど、環境問題や平和問題でも意欲的な活動を続けるミュージシャン・SUGIZOさんと福島みずほ党首が、原発・環境問題から日本政治の在り方、社会民主主義の意義、文化論まで縦横に語り合った。

福島みずほ党首:今年もよろしくお願いします。SUGIZOさんとは六ヶ所再処理施設稼働反対のパネルディスカッションや共謀罪反対集会などでも、ご一緒させていただきました。なぜ六ヶ所村の問題に関心を持たれたのですか。

SUGIZOさん(以下、SG):六ヶ所にとどまらず、核問題や平和について動いていきたいという気持ちがありました。戦争をやるべきではないし、地球環境は母であり共存すべきであるというのが自分の根幹にあります。そういう生き方をしてくると六ヶ所村の事実を知ったら動かずにはいられなかったですね。

福島:きっかけは何だったのですか。

SG:坂本龍一さんです。中学生の時から大ファンで今も最も尊敬する師匠のような方ですが、坂本さんからの(六ヶ所再処理施設の危険性を訴える)メールで「何これ?」と思い、自分でも調べ始めました。調べるほど、こんな問題が(89年の事業申請以降)20年もまかり通っていたのかと恐ろしくなったし、日本のメディアが何と機能していないのかというショックもありました。メディアとしての役割もある僕たちが動かないと、伝わるものも伝わらないと思いました。

福島:ご一緒したパネルディスカッションでは、若い人たちが熱心にメモを取りながら聞いてくれていて、こんな風にSUGIZOさんをフィルターにして(関心が)広がっていくのはすてきだなと思いました。 政治家から見ると、ミュージシャンはとてもうらやましい。音楽は国境も越えられるし、感動もすぐ共有できるじゃないですか。

■資本主義が息切れ

SG:僕的にはそういう感覚の政治家が、もっと出てくるべきと思いますね。
今の僕には社民党が唱えている理念や精神性が一番フィットするんです。社会民主主義は僕らが選択すべき新しい道だと思うんです。今までの民主主義や資本主義が息切れしているように思えてならないし、新たなアプローチを加えていかないと僕らは幸せになれないように感じます。

社会新報SUGIZO福島みずほ

(続きをご覧になりたい方は社民党機関紙宣伝局までお問合せください)

HOME広報>社会新報・福島みずほ新春対談