消費税大増税は本当に必要か
消費税Q&A

消費税は予算総則で使途が決まっていると言うけれど。使途面でどういう問題があるの?

予算総則:<99年から消費税の収入が充てられる範囲(基礎年金、老人医療、介護)を予算総則に規定>

→予算総則は、消費税を「基礎年金、老人医療、 介護」に使うということであって、「基礎年金、老人医療、 介護」の費用は消費税で賄わなければならないというわけではない。

→予算総則(財政法第16条)とは、歳入歳出の見積もりとは直接関係なく、議会が権限を付与するために設けられているもので、予算の総括規定が盛り込まれている。予算総則は財務大臣が処理するもので、各省庁に配賦(予算の執行を命ずる行為)するものではない。

→予算総則は、消費税収入の一部が、基礎年金、老人医療、介護の歳出予算とほとんど同額であること、もしくは一部であることを確認しているにすぎない。消費税を社会保障のみに充てることは妥当なのか。費用が増えれば税率を上げ続けるのか。すべての税収は、福祉、社会保障に充てるのが憲法上の要請。

→「福祉目的化」は消費税と社会保障費が無関係であることを証明しているもの。ある租税収入をわざわざ「福祉目的税化」したり、「福祉目的化」することは、かえって租税を福祉目的に使っていないことを示しているのではないか。

△ページTOP

  • 消費増税反対の理由
  • 消費税は誰もが買った物に対して平等に払うので米国では一番公平な税制とも言われていますが?
  • なぜ消費税率引き上げを経済界は主張するのですか?
  • このままではギリシャになる?
  • ゼロ税率や軽減税率を導入しようとの声もありますが、「複数税率」にしたらどうなる?
  • 消費税を社会保障目的税化しようという声もありますが?
  • 消費税は予算総則で使途が決まっていると言うけれど。使途面でどういう問題があるの?
  • 消費税についての社民党の改革案

HOME政策>消費税大増税は本当に必要か