HOME政策>第22回参議院選挙に向けた連合と社会民主党の政策協定

社民党の政策

2010年6月22日

第22回参議院選挙に向けた連合と社会民主党の政策協定

 昨年9月、国民は自公政権からの決別を選択し、念願の政権交代を果たした。第45回衆議院選挙における日本労働組合総連合会(連合)との政策協定に掲げた重点政策は着実に実現しつつある。この歩みを止めることなく、「希望と安心の社会」を確実に構築するためには、参議院選挙に勝利しなければならない。

 以上の認識を共有し、連合と社会民主党は、第22回参議院選挙に向け、下記の重点政策に合意する。

 両者は、この政策協定のもと、力を合わせて闘いに臨む。

重点政策

1.社会民主党は、「希望と安心の社会」の実現に向け、以下の政策課題に重点的に取り組む。

(1) デフレ脱却・消費回復に資する経済対策と雇用創出・人材育成

@新成長戦略の推進による新たな雇用創出と安定的な名目成長の実現

A地域活性化に向けた中小企業・地場産業、農林水産業の育成、ものづくり基盤の強化と人材育成

(2) ワークルールの確立による「ディーセントワーク」の実現

@労働者派遣法改正の早期実現、雇用保険の国庫負担率本則1/4への復帰

A「雇用憲章」(仮称)の策定

B中小企業における時間外労働割増率の猶予措置の早期廃止、休日労働割増率の引き上げ

C希望者全員が65歳まで働き続けられる高齢者雇用の確保

D中期的な視点に立った最低賃金引き上げの実現

(3) 社会的セーフティネットの強化

@「第2のセーフティネット」(就労・生活支援給付制度)の整備など積極的雇用政策と社会保障政策との連携による新たな生活保障制度の確立

A基礎年金の税方式化(最低保障年金)の実現、すべての勤労国民が加入する所得比例年金の実現など年金制度改革の推進

B病院勤務医・看護師不足解消、新たな高齢者医療制度の創設をはじめ皆保険制度の強化

C介護保険制度の持続可能性の強化、地域包括ケア体制の推進、医療・介護の連携強化、介護労働者の処遇改善などによる介護保障の充実

(4) ワーク・ライフ・バランス社会の実現

@ワーク・ライフ・バランス社会実現のための推進体制の強化

A「子育て基金(仮称)」の創設などによる包括的な子ども・子育て支援策の確立

B民法改正や女性参画の促進強化などによる男女平等社会の実現

(5) 公平・公正な社会の実現

@国連「障害者権利条約」の批准と「障がい者差別禁止法」(仮称)の制定及び「雇用における障害差別禁止法」の法制化

A教育費の公的負担増額、就学援助・奨学金制度充実による教育の機会均等と格差是正

B公契約の適正化に向けた法整備、公正取引委員会の体制・権限強化などによる公正な取引関係の実現

C企業法制改革、企業買収ルールなどの整備

(6) くらしの安全・安心の確保

@食の安全の確保と食料自給率の向上、食育の推進、消費者利益の擁護・被害者救済の体制強化

A防災・減災対策の実施など安心・安全な住まいとまちづくりの推進、交通基本法制定

(7) 税制の抜本改革と中期的な財政再建への道筋の明示

@税の所得再分配機能の強化など税制の抜本改革、給付つき税額控除の検討

A社会保障・税共通の番号制度、給与所得者への選択納税制度導入など納税環境の整備

B中期的な財政再建の道筋の明示

(8)「新しい公共」と国民本位の行政システムの確立

@「新しい公共」をふまえた行政改革の推進、労働基本権を保障した民主的な公務員制度の実現

A地方自治実現のための「地域主権」改革の推進

(9) 持続可能で公正なグローバル社会の実現

@低炭素社会の実現に向けた気候変動対策の着実な実行、公平・公正で実効性のある2013年以降の国際的枠組や様々な主体の参加による社会対話の構築

AODAの拡充等を通じた持続可能な社会開発への貢献、中核的労働基準の尊重を前提とした多角的自由貿易体制の推進・労働組合の参画

BILO中核8条約のうち未批准の第111号・第105号の早期批准

C核拡散防止の取り組みの推進

2.以上の重点政策の実現に向け、連合は社会民主党を支援する。この政策協定にもとづく個別課題の具体化については、十分な協議を行う。

HOME政策>第22回参議院選挙に向けた連合と社会民主党の政策協定