声明・談話

2020年9月25日

自民党杉田水脈衆議院議員の「女性はいくらでもうそ」発言について(談話)

社会民主党幹事長 吉田 忠智

1.本日開かれた自民党内閣第一部会・内閣第二部会の合同会議で、杉田水脈衆議院議員が女性への暴力や性犯罪に関し「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したと報じられている。本人は否定しているというが、事実であるならば、暴力や性被害を受けた被害者、勇気をふるって告発した被害者を蔑視し、おとしめるだけでなく、すべての女性を冒涜する発言であり、断じて看過できない。杉田議員は、直ちに発言を撤回し、謝罪するべきである。

2.杉田議員の発言は、この間、性暴力被害を訴えた伊藤詩織さんに対し、バッシングしてきた親安倍派の動きや、もみ消しが疑われた安倍官邸の対応に通じるものがあるといえる。

3.杉田議員は以前にも、同性カップルを念頭に、「子供を作らない、つまり『生産性』がない」とするなど、差別を助長するような主張を公然と行い、非難を浴びたことがある。問題発言を繰り返す杉田議員は、国会議員としてふさわしくなく、自ら進退を決すべきである。また、「女性活躍」というのであれば、杉田議員が所属する自民党は、公党として厳しく対応すべきである。

以上