声明・談話

2020年7月10日

オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備に断固抗議する(談話)

社会民主党幹事長 吉田忠智

1.二度にわたって悪天候のために延期されていたが、陸上自衛隊に初めて導入される新型輸送機オスプレイ17機のうちの最初の1機が本日、千葉県の木更津駐屯地に到着し、暫定的な配備が始まった。オスプレイは当初から構造的欠陥機と指摘され、墜落炎上事故を繰り返し、多くの犠牲者を出してきた。社民党は、住民の怒りと不安は高まる中で、安全を脅かし騒音をまき散らすオスプレイの配備を強行した政府に対し、断固抗議する。

2.もともと防衛省は、佐賀空港への配備を計画しているが、地元との協議がまとまっていないことから、木更津駐屯地に暫定的に配備することにした。しかし、なぜ木更津を適地としたのかについての明確な根拠は明らかにしていない。また、木更津市と防衛省の合意文書では、「暫定配備期間は5年以内を目標とする」としているが、拘束力はなく、閣議決定された政府答弁書は、「配備期間は明示できない」としており、恒久配備につながる危険もある。

3.オスプレイは、世界各地で死傷者を出す事故を繰り返し、安全性に懸念が残る軍用機である。周辺の海岸には潮干狩り会場や住宅密集地がある。住民にはどんな訓練をするか情報公開されていない。今でも自衛隊機が騒音をまき散らしているのに、「やむを得ず住宅街上空や夜間の飛行にご理解」などできるはずがない。訓練場とされる習志野演習場の近くには50もの学校がある。オスプレイが首都圏の上空を飛び回ることになれば、不測の事態が起きかねない。オスプレイ整備後の試験飛行も認められない。

4.日本のどこの空にもオスプレイいらない。国民をオスプレイの危険に晒すことは許されない。社民党は、全国の反対運動との連携・共闘を一層強化し、将来の維持費を含めると総額6000億円超の巨費を投じるオスプレイの「爆買い」をやめるよう求めるとともに、オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備の白紙撤回、陸上自衛隊が進めているオスプレイ導入の中止、普天間基地配備の米海兵隊オスプレイの定期機体整備の廃止を求めて全力をあげる。

以上