声明・談話

2020年5月3日

安倍首相のビデオメッセージについて(談話)

社会民主党幹事長 吉田忠智

1.本日、安倍首相は、改憲派の民間団体主催の憲法フォーラムに寄せたビデオメッセージで、新型コロナウイルスへの対応に触れ、「緊急事態において国民の命や安全を守るため、国家や国民がどのような役割を果たし、憲法にどう位置付けるかは極めて重く、大切な課題だ」と指摘し、国会で緊急事態条項創設の是非を議論するよう求めた。また、9条についても、自衛隊が新型コロナウイルスへの対応に当たったことなどを持ち出し、「自衛隊の存在を憲法上、明確に位置付けることが必要だ」と主張した。自民党総裁としてのメッセージではあっても、コロナ危機に便乗し、自民党改憲4項目の論議を進めることなど、到底認めることはできない。直近の世論調査でも、安倍政権の下での改憲に反対する人が多数である。コロナ危機を奇貨として、火事場泥棒的に改憲論議を進めようとすることは断じて許されない。

2.新型コロナウイルスに対する場当たり的、後手後手の対応が、社会の混乱を招き、国民は、感染拡大や自粛要請の継続、くらし・雇用の不安にさいなまれている。「国難」というのであれば、新型コロナ対策にすべての政策と政治的エネルギーを集中させなければならない。それこそ不要不急の改憲論議に、エネルギーを費やすいとまはない。安倍首相がなすべきは、現行憲法を遵守し、危機を乗り越えるために耐えている国民に寄り添った施策を講じることであり、改憲という自身の悲願達成ではない。「たやすい道ではないが必ずや成し遂げる」というのであれば、改憲ではなく、新型コロナウイルスの感染拡大を収束させ、国民生活を再建することにこそ、決意を強調しリーダーシップを発揮してほしい。

以上