声明・談話

2019年12月25日

自民党秋元司衆議院議員の逮捕について(談話)

社会民主党幹事長 吉川はじめ

1.本日、東京地検特捜部は、自民党の秋元司衆院議員が日本での統合型リゾート(IR)事業参入を目指していた中国企業に便宜を図った見返りに現金を受け取った疑いで逮捕した。報道されているような容疑が事実であれば、現職の国会議員としてあるまじき行為である。秋元議員はIR担当の内閣府副大臣を務めており、IR参入に関するあっせん利得も否定できない。国民の信頼を損ね、政治不信を招いた責任は極めて重大である。秋元議員はただちに衆議院議員を辞職すべきである。

2.秋元議員本人は事件への関与を否定しているようだが、本人から公の場での説明がなされなかったことは、国民の政治不信を増幅させた。今後、司直の手によって事件の全容が解明されることを期待すると同時に、秋元議員の所属している自民党としても責任を持って事実関係を明らかにするよう努力することを求める。

3.安倍政権が成長戦略として進めるIR自体に関する利権・癒着構造にもメスを入れていかなければならない。社民党は、事態の推移を注視しつつ、国会の場での疑惑の解明を求めていく。

以上