声明・談話

2019年5月1日

新天皇の即位にあたって(コメント)

社会民主党党首 又市征治

  本日、皇太子徳仁親王が新天皇に即位し、元号も「平成」から「令和」へと改められました。新天皇におかれては、日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たされることを願います。

  安倍政権は「新時代」をアピールするとともに、お祭り気分をあおることで、日本が直面している政治的な難問や経済的な難問を棚上げし、政権浮揚に結びつけようとしています。皇位継承や改元の政治利用は認められません。西暦か元号かどの紀年法を用いるかは、国民の選択にゆだねるべきであり、新元号の使用が強制になるようなことがあってはなりません。

  日本国憲法の象徴天皇の皇位継承として、具体的な儀式等が国民主権や政教分離をはじめとする憲法の理念にかなったものとなるようにするとともに、皇位継承や改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないように配慮することを求めます。

  社民党は、誰もがともに、平和で安心して暮らすことができる社会を目指し、これからも全力をあげるとともに、平和と暮らしを破壊する暴走するアベ政治に終止符を打ち、国民の手に政治を取り戻し、憲法を活かす政治への転換を勝ちとるところから、「新時代」を切り開いていく決意です。

以上