桜田義孝五輪相の辞任について(談話)

声明・談話

2019年4月10日

桜田義孝五輪相の辞任について(談話)

社会民主党幹事長 吉川はじめ

 

1.本日、桜田義孝五輪相が辞任した。「放言・暴言・失言の製造機」とやゆされ、失言や失態が相次ぎ、所管事項もまともに答弁できないなど、閣僚の任にふさわしい資質でないことは、すでに明らかであった。本日の辞任は遅すぎる。社民党は、問題ある言動を重ね、明らかに不適格な桜田氏を閣僚に起用し、擁護し続けてきた安倍首相の任命責任を徹底的に追及する。

2.桜田氏は、本日開かれた自民党の高橋比奈子衆院議員のパーティーであいさつし、「おもてなしに協力していただければありがたいが、復興以上に大事なのは高橋さんだ」と語り、また、乾杯前にあいさつが増えたことに触れ、「がっかりしているんじゃないかと思ってですね。がっかりという言葉は禁句なんですけど」とも述べた。東日本大震災の復興よりも政治家を優先させる発言を行ったことは、「復興五輪」と言われる大会の担当大臣としてあるまじき発言である。「がっかりしている」という、謝罪・撤回した言葉をウケ狙いで使ったことも、全く反省の色が見られない証拠である。しかも記者団に対し、「言ったことありません。記憶にありません」と釈明したのも、往生際が悪い。

3.桜田氏は、東京五輪・パラリンピック担当相でありながら、東京五輪・パラリンピックの基本的なコンセプトを知らず、東京五輪・パラリンピックの大会予算の国負担分「1500億円」を「1500円」と言い間違え、「五輪憲章」について問われ、「話には聞いているが読んでいない」と答弁した。サイバーセキュリティを担当しながら、「自分でパソコンを打つことはない」と公表し、競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことに「がっかりしている」と発言した。さらに人の名前や地名を繰り返し間違えた。

4.東日本大震災の被害についても、高速道路がしっかりと動いていたという事実誤認の発言をし、被災地の宮城県石巻市を「いしまきし」と繰り返し間違えた。2013年に文部科学副大臣の時にも、東京電力福島第一原発事故で放射能に汚染された焼却ごみの灰について、「人の住めなくなった福島に置けばいい」と、とんでもない発言をしたことがある。東日本大震災の被害の実態や被災地の状況をわからない桜田氏を閣僚に任命したこと自体が問題であるし、桜田氏の「復興以上に大事なのは高橋さん」との発言は、復興庁所管の19年度予算案は1兆4781億円で過去最少を更新するなど、安倍政権の被災地、被災者軽視の姿勢を象徴するものである。被災地では公的支援縮小の動きが相次いでおり、社民党は柔軟かつ的確で息の長い国の支援継続・拡充を強く求めるとともに、切れ目のない復興政策を着実に進めるよう、安倍政権の復興への取り組みも厳しく追及していく。

以上