声明・談話

2019年4月5日

塚田一郎国土交通副大臣の辞任について(コメント)

社会民主党党首 又市征治

 山口県と福岡県を結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)の整備をめぐり、「安倍晋三首相や麻生太郎副総理が言えないので、私が忖度した」などと発言した、塚田一郎国土交通副大臣が本日、辞任する意向を固めました。塚田発言は、単なる失言ではなく、有権者を喜ばせようとした選挙向けのリップサービスではすまされない重大な発言です。辞任は当然ですが、遅すぎるし、もはや辞任ではすまされるものではありません。

 塚田氏の忖度発言は、応援する候補者の選挙を有利にするための、露骨な利益誘導発言です。政策ではなく、公然と利益誘導をほのめかし票を得ようとする、有権者を馬鹿にした政治姿勢にあきれかえります。また、安倍首相らの意向を忖度して、本当に便宜を図ったのなら、政治の私物化の極致であり、行政をゆがめる大問題を暴露したことになります。森友学園・加計学園問題や統計不正問題等への批判や追及を何ら反省せず、副大臣自らが公共事業や国土交通行政に関する信頼性を低下させた責任はきわめて重いといわざるをえません。

 塚田氏は、「事実に反する」として撤回しましたが、発言が事実でないのなら、有権者をだまして票を得ようとした発言ということになります。事実であっても、ウソであっても政治家として許される発言ではありません。

 塚田氏の発言に引き合いに出され、顔に泥を塗られた格好の安倍首相が、責任を問わずにかばいつづけてきたのも、奇異に感じます。昨日の参議院決算委員会で私が、「利益誘導による票集め、忖度による政策決定はあってはならない。直ちに更迭すべきだ」と追及したのに対しても、首相は罷免を重ねて拒否しました。塚田氏の辞任は統一自治体選や衆院補欠選への影響を考えてしっぽ切りを図ろうとしたのでしょうが、塚田氏が辞任しても、問題発言を起こした副大臣を最後までかばいつづけた安倍首相の任命責任は残ります。幕引きを許さず、引き続き、塚田氏が忖度発言をした道路整備の問題点の追及や忖度発言の真相解明をはかるとともに、安倍首相の任命責任をただしていきます。

 昨年、塚田氏は参議院予算委員会で、「政権が長期化していることで総理への忖度があったのではないかという声がある」などと、安倍首相の政治姿勢を問うていました。同じ塚田氏が約一年経って、「私は忖度しました」と誇るように言ったことは開いた口が閉まりません。責任を取らない安倍政権の体質と、長期政権のおごりの中、政治の私物化を図り行政をゆがめているアベ政治そのものの転換を目指して、全力をあげます。

以上