「米軍基地負担に関する提言」について(コメント)

声明・談話

2018年8月22日

「米軍基地負担に関する提言」について(コメント)

社会民主党党首 又市征治

   全国知事会は、今月急逝した翁長雄志沖縄県知事の「基地問題は一都道府県の問題ではない」という訴えを受け、一昨年に研究会を設置し、7月26日・27日の両日に開かれた全国知事会議において、「米軍基地負担に関する提言」を決定しました。47都道府県の知事が、「各自治体住民の生活に直結する重要な問題」として、米軍基地負担の現状や改善すべき課題について共通理解を深め、米軍基地の負担軽減や日米地位協定の抜本的な見直し等に関する提言を決定したことは、極めて重いと受け止めています。社民党としても、全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の提起している地位協定の抜本的見直し、基地の整理・縮小・返還などの実現を求め、各自治体議会での意見書決議の採択などに取り組んでいきます。

以上