翁長沖縄県知事の一日も早い回復を願う(コメント)

声明・談話

2018年8月8日

翁長沖縄県知事の一日も早い回復を願う(コメント)

社会民主党党首 又市征治

 膵臓がんで療養中だった沖縄県の翁長雄志知事が、治療に専念するため、謝花喜一郎副知事に職務を代理させることになりました。4月の精密検査の結果、膵臓がんが見つかったとのことで、非常に心配していましたが、5月に膵臓がんを取り除く手術を受けて退院され、化学療法を続けながら本格的な公務復帰を目指すという知事を見守っていました。その後、7月27日には、辺野古沖の埋め立て承認撤回の手続きを開始する意向を表明し、社民党も知事の方針をしっかり支持し支えていくことを改めて表明したばかりで、驚いています。病をおして沖縄県民の新基地建設反対の民意を体してがんばっておられる翁長知事の一日も早い回復と公務復帰を心から願っています。

以上