自民党の杉田水脈衆議院議員の差別発言について(コメント)

声明・談話

2018年7月25日

自民党の杉田水脈衆議院議員の差別発言について(コメント)

社会民主党幹事長
吉川はじめ

 自民党の杉田水脈衆議院議員が月刊誌「新潮45」に、「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して寄稿し、同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と記述しました。性的指向や障害によって人は差別されてはならないのに、逆に差別を助長するような主張を与党議員が公然と展開したものあり、人権意識を疑わざるを得ません。国会議員としての資格はありません。当事者に謝罪するとともに、議員を辞職すべきです。

 一方、二階俊博自民党幹事長が24日の記者会見で、「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」と述べ、問題視しない考えを示しています。自民党も問題の本質を理解していないのではないでしょうか。自民党は、党の方針と異なるのなら、本来こうした発言に憤り、杉田議員を厳しく処分すべきです。

以上