新潟県知事選挙の結果について(談話)

声明・談話

2018年6月10日

新潟県知事選挙の結果について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長・選対委員長 吉川はじめ

1.本日、米山前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙の投開票が行われた。結果は、社民党など野党8党派や連合が推薦した無所属新人の池田ちかこ候補が、自民・公明が支持した無所属新人の花角英世候補に惜敗した。池田候補に支持を頂いた新潟県民及び現場で激しい選挙戦を担った各政党、団体、市民の皆様方に敬意を表するとともに、全国から寄せられたご支援に感謝を申し上げる。

2.選挙戦は、柏崎で市議・県議をつとめてきた池田候補と再稼働推進の自公が支持した元国交省官僚で副知事もつとめた花角候補との与野党対決となった。
 池田候補は、「原発のない未来へ」、「子どもたちの未来のために5つの約束」を掲げ、前知事の路線を継承した福島原発事故に関する3つの検証と早期の原発ゼロ、農林水産業や中小企業、女性や子育て世帯、教育など分野別の支援策を公約の柱に据え、「新潟のことは新潟で決める、官邸のいいなりにはならない」、「女性や子供が輝く新潟を」と訴えた。
 池田陣営は、2年前の参院選や知事選の勝利を原動力に、今回も野党と市民の共闘態勢を構築、さらに連合も加わり、地元の女性国会議員や自治体議員を軸に運動を展開した。
 序盤には野党の国会対策委員長、中盤には6党派の党首がそろい踏みした街頭演説、さらに各党の国会議員が連日応援に入り、一貫して脱原発の池田候補の必勝と安倍政権退陣を訴えるとともに、電話作戦やネットを駆使、終盤にかけては市部でのきめ細やかな辻立ちなどを展開し、猛追した。
 しかし、相手候補は、県民の約6割強が反対する再稼働については巧妙に争点をそらし、「県民党」を名乗りつつも政権与党とのパイプを強調、自公は県政奪還をめざして公認なみに幹部や地方議員を動員するとともに、水面下で企業団体回り・業界団体をしめつける組織選挙などの総力戦を展開、池田候補はあとわずか届かなかった。

3.社民党は、世界最大級の出力をもつ東電柏崎刈羽原発再稼働を認めることはできない。今後も福島第一原発事故の検証を進めるとともに、原発ゼロ基本法の制定、再生可能エネルギーの拡大、原発事故の被害者支援など脱原発社会の実現に全力をあげる。
また終盤国会においては、野党の連携を強め、モリカケ問題やセクハラ、自衛隊の日報隠しなど一連の不祥事に対する政治責任をうやむやにしたまま、TPP協定・関連法案、働き方改革関連法案、カジノ法案などを次々に強行する安倍政権の早期退陣を強く求めるとともに、来年の参院選にむけて野党共闘態勢の推進に取り組んでいく。

以上