松本文明内閣府副大臣の辞任について(コメント)

声明・談話

2018年1月26日

松本文明内閣府副大臣の辞任について(コメント)

社会民主党幹事長 又市征治

 衆院本会議での代表質問の際、米軍機事故をめぐって、「それで何人死んだんだ」とやじを飛ばした内閣府の松本文明副大臣が本日辞任しました。「誤解を招く表現で沖縄県民や国民に迷惑を掛けた」と言いますが、米軍機の部品落下や不時着が相次ぎ、大事故の発生の危険性が募り、沖縄県民の不安が高まっているときに、死者さえ出なければ事故が続いても構わないと受け取られかねない発言は、決して「誤解」どころではありません。「訓練などで県民や米軍関係者の多くの人命が失われている。それに報いるという思いで言った」というのも意味不明です。今回の県民の命を軽視し冒涜する発言は断じて許されません。

今回のスピード辞任は、名護市長選対策のための幕引きを図ろうとしているといえますが、そもそも「沖縄県民の気持ちに寄り添う」といいながら、対米追従で沖縄県民を軽視しながら辺野古新基地建設を強行する安倍政権の姿勢そのものが問題です。かつて沖縄北方担当の副大臣もやった松本副大臣の「それで何人死んだんだ」という暴言は、いわば安倍政権の本音でもあるといえます。「沖縄県民の気持ちに寄り添う」というのであれば、粘り強く米軍に原因究明、再発防止、飛行停止を求めるとともに、普天間基地の無条件撤去、辺野古新基地建設の中止、海兵隊の沖縄からの撤退を求めていくはずです。

熊本地震の際も、「俺に差し入れしろ」、「政府に文句言うな」などとワガママ・暴言し放題の松本氏を、「仕事人内閣」の内閣府副大臣にあえて再度起用した安倍首相の任命責任にはきわめて重いものがあります。松本氏の辞任で一件落着ではなく、安倍首相自身の責任も厳しく問いただしていきます。

以上