声明・談話

2017年9月25日

麻生副総理兼財務大臣の度重なる妄言に抗議する(談話)

社会民主党幹事長 又市征治

1.麻生副総理兼財務相は23日の講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。度重なる問題発言は唖然につきる。麻生氏は明確に、選択肢として「射殺」を上げており、失言や誤解ですむ内容ではなく、まさに妄言である。麻生氏の無自覚、無責任な資質は、その職責に相応しいものではなく、麻生氏の罷免及び議員辞職を要求する。

2.国際社会が理性的に難民問題をはじめ外交問題の解決に取り組んでいる現在、今回の麻生発言は、それらを愚弄し侮辱する発言である。核・ミサイル・拉致問題や激化する朝鮮半島情勢の緊張の解決に向けて、国際社会に理解を求める立場のわが国は、一層人権を尊重し、人道に配慮する姿勢が求められる。麻生発言は、国連憲章や難民条約等をも軽々と蹂躙するものであり、議員辞職以外に国際社会からの信頼を取り戻す道はない。

3.朝鮮半島危機をアメリカと一緒になってあおっているのは安倍政権である。圧力や制裁一辺倒でいけば軍事的解決しかなくなることを麻生発言は示唆している。仮に難民が発生し、武器を持っていたとしても、「射殺」という前に、日本領域内に入る際に放棄させればよい。防衛出動ではなく、警察や海保、自衛隊はじめ各機関が、警察官職務執行法の範囲で武器を使用することは可能である。法による適正手続きや警察比例の原則すら認めないのは、民主主義をかなぐり捨てる「野蛮国家」と宣言するのと同義である。

4.対話による解決や真摯な外交努力を放棄し、危機をあおり、その結果有事をあえて作り出し、命からがら避難してくる難民について、武装していたら「射殺」というのは、余りにも飛躍しすぎている。必要なことは、難民を生じさせない努力である。粘り強い対話による外交努力を行い、米朝対話を促し、万が一の事態の回避にこそ全力を挙げるべきである。

以上